上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はNEWSなどで何兆ベクレルやらかんやら

普段生活していて全く聞き覚えが無い単位や名称が日常に飛び交っています

元々、学校でも教わる事のない専門的な名称が多い分野

今更ながら日々少しは勉強している最中

•ベクレル
•キュリー
•レントゲン
•グレイ

•ラド
•シーベルト
•レム
•ラザフォード
•マッヘ

もう、わけワカメ状態

単位のアレコレ

と言うHPから

そんな中、ある記事には

血液から放射線を発光する日本人と言う記事を発見しました

めまぐるしく、社会などが発達していく中で

これも、進化になるのでしょうか?


写真1:赤血球が見えるその背景に円形の干渉縞が現れている

53cd2623b05a685700e49722d11c0f57.jpg


写真2:干渉縞の中心に焦点を合わすよう顕微鏡を操作

e7c3de6744b7d7a63ffd5e8caf8a4fc6.jpg


写真3:焦点が合い、光り輝く物質が現れる

f7da2b299c5ba0f6fd62af69ca989d4d.jpg

確実にひかっております!

これから日本人の新しい進化が訪れるのかもしれません

そして、人類にとっても


【参照記事】
採取した1滴に満たない血中に、このような光り輝く物質が観測されました。バックライトに比べても高い輝度を呈していることから、この物質自体が発光しているのは明らかです。また、プレパラート上に広がった薄い液層の底の方に沈着していることから、これが血中細胞に比べて重い物質であることもわかります。

物質Bについては、ほぼ等間隔で一直線上に並んでいることから、この物質が強い電気特性を有していることを示しています。Aについては他がコマから外れているので、直線上に乗っているかどうかは判別できません。

物質Aについては、その形状と大きさから強度に放射化した赤血球ではないかと推測されます。重量が増していることから、何かしらの原因で放射性の重量物質が細胞内に取り込まれたまた可能性もあります。物質Bについては、この大きさに対応する血中細胞が存在しないことから、放射化した何かのタンパク質、もしくは放射性物質そのものであると推定されます。

もしも、血中への放射性物質の浸入があったとすれば、それは食材もしくは水からの可能性が高いでしょう。ANさんによると食材の産地にも注意していたし、自宅には逆浸透膜の高額な浄水器も設置していたとのことです。しかし、週に何度かの外食は続けていたともおっしゃっていました。外食を直ちに原因と決め付けられませんが、ご自身で管理できない水・食事の摂取は、このような状況下では極めて危険であると言わざるを得ません。

ご自身の身体が放射化するなどという事実は誰でも認めたくないでしょう。しかし、たとえ生体細胞の放射化を避けられても、放射性物質を身体に取り込んでしまえば、その人は身体から放射線を発する放射(化)人間であることに違いありません。この写真から読み取るに、私は、放射性物質の体内沈着と身体の放射化がそれぞれ平行して起こっているとみなします。そして、全部ではないしろ、核汚染地域の一部では確実にこのように放射化した人々が現れていることと容易に想像されます。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://diningbarzion.blog87.fc2.com/tb.php/117-cdff5ed0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。